1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber Eats
  4. 「カート内の商品は新しい住所に配達できません」というエラーの原因と対処法
Uber Eats

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」というエラーの原因と対処法

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」

こんにちは、ランボルギーニ貰いたいみりんです。

フードデリバリーサービスのUber Eats(ウーバーイーツ)の注文画面で出てくる場合がある、エラー表示。

注文画面を操作していたら、「カート内の商品は新しい住所に配達できません」というエラーが通知されました。

どのような状況で表示がされるのか、対処法はあるのかについてご案内いたします。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」というエラーが出た

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」という、謎のエラーがUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリ注文画面に出ました。

以前注文した際と同じ店に、以前と同じ住所から注文をしているのに、なんで「新しい住所に配達?」というエラーが出るのかという疑問が湧くはずです。

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」エラーの出た理由

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」エラーが出た理由の多くは、【配達パートナー不足によるエリア制限】もしくは【店側が営業停止にしている】のどちらかの可能性が高いです。

距離が近い、遠いという問題というよりは、配達ができる状態か、出来ない状態かということによって、エラーが表示されているようです。

アプリのバージョンのアップデートがあった際に文言が変更され、わかりにくいものになった可能性があります。以前は「ご注文を完了できませんでした」というようなエラーだったものが変更された模様です。

エラーの理由1)配達パートナー不足によるエリア制限

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、注文した品を運んでくれる、配達パートナーが、店舗に商品を取りに行き、目的の場所まで商品を配達してくれます。

配達パートナーの数は、 Uber Eats(ウーバーイーツ) 側が指定しているわけではなく、どこのエリアを、いつ配達するかは、配達パートナーの任意になります。そのため、配達できる状態の配達パートナーが不足している場合は、注文したとしても、配達を行う事が出来ません。

そんな時に、「カート内の商品は新しい住所に配達できません」というエラーが表示されているようです。

エラーの理由2)店側が営業停止にしている

店舗が営業していたり、Uber Eats(ウーバーイーツ)は利用できる時間にもかかわらず、店舗側の理由により、営業をしていないというステータスに変更する場合があります。

お店が忙しすぎたり、予想以上の注文が入って品切れになってしまったり、様々な理由が考えられます。

そんな様々な店舗側の受け入れ状態が整っていない時に、「カート内の商品は新しい住所に配達できません」というエラーが表示されているようです。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」 というエラーが出た時の対処法

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」 というエラーが出た時には、残念ながら注文ができるまで、待つしか方法がありません。

配達パートナーが増えたり、注文を受け入れる事ができる状態になるまで、しばらく待つのみです。都内も配達パートナーが不足しているとのことでしたので、これからもっと 配達パートナー が増えてくれるとありがたいですね。

まとめ

「カート内の商品は新しい住所に配達できません」エラーが出た理由の多くは、【配達パートナー不足によるエリア制限】もしくは【店側が営業停止にしている】のどちらかの可能性が高いようです。

対処方法は、じっと待つことしかできませんので、他のデリバリーサービスを利用したりする方が無難かもしれませんね。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集