1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber Eats
  4. Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリで不具合?フリーズした時の対処法
Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリで不具合?フリーズした時の対処法

フードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)には、手軽に使えるスマホアプリがあります。

しかし、便利なUber Eats(ウーバーイーツ)アプリですが、時々フリーズしてしまったり、クラッシュしてしまったり、不具合が起こることも。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリでの、不具合の原因や問題が起きた時の対処法をご紹介します。

【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリの不具合の原因

まずは、何故不具合が起こるのか、その原因を見ていきましょう。

①スマートフォンのバージョンが古い

スマートフォンのバージョンが古いと、Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリが対応しておらずうまく起動できないという不具合があります。

自分のスマートフォンのバージョンが最新になっているかどうかを、事前に設定から確認しておきましょう。

②アプリが重い

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリでは、配達パートナーがどのあたりにいるのかを把握できるように地図で表示されるようになっています。

リアルタイムでの動きを見ることができるため、スマートフォンのアプリは常にアクティブな状態になり、処理能力不足で不具合が起きてしまうことがあります。

③Uber Eats(ウーバーイーツ)のシステムの問題

稀にですが、システムに問題が起こりメンテナンスなどの理由で接続が困難になることがあります。
その場合は、自分だけでなくほかのユーザーもアプリを使用することができなくなり、数時間待たなければならないという可能性もあります。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリで不具合が起きたときの対処法

それでは次に、アプリで不具合が起きてしまったときにするべき対処法をお伝えします。

他のアプリを終了させる

スマートフォンで複数のアプリを起動している場合、処理能力が足りずにUber Eats(ウーバーイーツ)アプリに不具合が起きてしまうことがあります。

位置情報を絶えず取得しているUber Eats(ウーバーイーツ)アプリは、常に動いている状態でスマートフォンも発熱しやすくなります。

そのため、アプリを複数起動している場合は、他のアプリを終了させてみましょう。

スマートフォン本体を再起動する

アプリ画面がフリーズしてしまったら、とりあえずアプリを終了し、もう一度起動してみましょう。

それでもアプリの不具合がなおらないときは再起動をしてみてください。
再起動してもだめなら、登録した会員情報を確認した後に、アンインストールをし、もう一度インストールしなおすと不具合が解消されることがあります。

ネットワーク接続を確認する

電波が弱い場所だと、Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリがうまく起動できないことがあります。
特に外にいる場合は、ネットワークが安定しているかを確認してみましょう。

少し時間をおく

接続が悪かったり、Uber Eats(ウーバーイーツ)のシステム側に問題がある場合、アプリで不具合が起こる可能性があります。

特にシステム側に問題がある場合は、何をしようともつながらない可能性が高いので、数分時間をおいてから再度接続してみるといいでしょう。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリの不具合は、スマートフォンのバージョンや処理能力不足が原因のことが多いです。

不具合を解決するためには、以下の方法を試してみてください。

  • 他のアプリを終了させる
  • スマートフォンの再起動または再インストールをしてみる
  • ネットワーク接続を確認する
  • 少し時間をおいてから再ログインを試す

以上の方法を試しても不具合がなおらない場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターへ問い合わせをしましょう。

電話・アプリからの問い合わせは可能ですが、メールはないので注意してください。

Uber Eatsサポートセンターの連絡先はこちら
>>【注文者向け】Uber Eatsのサポートセンター情報まとめ<<

【a】Uber Eats 配達パートナー募集