1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber Eats
  4. 【注文者】Uber Eats(ウーバーイーツ)の返金方法は?
Uber Eats

【注文者】Uber Eats(ウーバーイーツ)の返金方法は?

【注文者】Uber Eats(ウーバーイーツ)の返金方法は?

こんにちは、ランボルギーニ貰いたいみりんです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用していたら問題が発生してしまったら、せっかく楽しみにしていたご飯が台無しになってしまいますね。

そんな時に、泣き寝入りしてしまうのは勿体ない!Uber Eats(ウーバーイーツ)で問題が起きたときには返金してもらえる場合がありますよ!

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文の際に問題が発生してしまった際の、返金方法についてご紹介いたします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文した商品を返金する事はできる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文をして、問題が発生してしまった場合、100%ではありませんが、返金をしてもらう事が出来ます。

配達パートナーは個人事業主であるため、配達パートナーとの間に起きたトラブルは返金の対象にならない場合が多いようですが、届いた商品に問題がある等の「商品に関するトラブル」は返金の対象になる場合が多いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で返金してもらえる条件は?

では、Uber Eats(ウーバーイーツ)で返金してもらえる条件について、具体的にご紹介いたします。

返金請求を行ったとしても、条件に当てはまっていれば必ず返金対応してもらえるとはかぎらないため、あくまでも参考として考えておいていただくのが良いかと思います。

商品の不足: 配達した注文品に不足している商品があった

配達してもらった商品が、一部不足していた場合は返金対応してもらえる場合が多いです。

例えば、マクドナルドでグラコロのセットを注文したのに、ドリンクがついていなかったなどの場合は、返金対応の対象になります。

商品の誤り: 受け取った商品の一部が注文したものと違っていた

注文していた商品が手元にとどいたけれど、受け取った商品の一部が、注文したもとと異なる商品が届いた場合も、返金の対象になることが多いです。

2つ異なる商品を注文したのに、同じものが2つ届いた場合などは、返金対象になる可能性が高いです。

注文の誤り: 注文とまったく違う商品、または別の人が注文した商品が配達された

注文していた商品が、注文していた内容と全く違うものが届いたり、違う人が注文した商品が手元に届いてしまった場合も、返金の対象になる可能性が高くなります。

料理に問題: 注文した商品がこぼれていたり、料理の品質に問題があった

注文した商品が、容器から溢れてしまっていたり、ぐちゃぐちゃになっている、または料理の品質に問題があった場合には、返金の対象になることが多いです。

自分で落としてしまったり、こぼしてしまった場合はもちろん対象外ですが、梱包に問題があったり、配達の際に粗雑に扱われたりして、問題が起きた場合は返金対象になる可能性があります。

注文した商品が溢れてしまっている場合は、スマホなどで写真を撮って、証拠を残しておくとより返金の確率が上がります。

配送時間遅れ: 配達予定時間から20分以上遅れた

配達を予定していた時間から、何かしらの問題があり配達パートナーの到着が20分以上遅れた場合には、返金の対象となります。

Uber Eats(ウーバーイーツ) の商品代金を返金してもらう手順は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文した商品代金を返金してもらう手順はどのような流れなのか、2つの方法からご案内いたします。

Uber Eats(ウーバーイーツ) サポートセンターへ電話での問合せ

注文した内容に不備があると感じたら、サポ-トセンター(0800-700-6754へ電話をかけて、どのような不備があったのかをオペレーターに報告します。

繋がるまでには5~10分程かかる事を覚悟して電話をしましょう。対象の商品の「注文番号」を電話をかける前に控えておくことをお勧めします。

その後、返金の対応をしてもらえるかは、その場で判断もしくは、登録しているメールアドレスに連絡がくるので、返答を待ちましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ) サイト経由での問合せ

注文した情報の「お問い合わせ」というボタンから、注文に関するヘルプのページに飛びます。

そこで、対象の不備の項目を選択し、状況の説明をテキストで入力し、必用があれば画像を添付して送信します。登録しているメールアドレスに3日以内に連絡が来るので、返金の対応をしてもらえるか返答を待ちましょう。

▶【体験談】Uber Eatsがぐちゃぐちゃで届いた時の対処法(返金方法)

Uber Eats(ウーバーイーツ)からの返金方法

返金される金額には、「注文した商品代金」や「配達手数料」「手数料」など、かかった費用がすべて含まれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)から、返金される方法については、支払い方法によて変わります。現金で注文した場合と、クレジットで決済した場合の2つのパターンで返金される方法が異なりますので、確認してください。

クレジットで支払いを行った場合

クレジットで注文を決済した場合には、支払ったクレジットカードにそのまま返金されます。そのため、何か手続きを行ったりする必用はありません。

後日クレジットカードで商品代金が引かれていないかだけ、確認をしましょう。

現金で支払いを行った場合

現金で支払いを行った場合は、そのまま現金で返金を行ってもらう事が出来ません。

返金されるお金は、ウーバークレジットというUber Eats(ウーバーイーツ) 内でのみ使える仮想通貨です。返金してもらえることが決まったら、商品代金が仮想通貨であるUberクレジットに変換されて、次回の注文の際に値引きに利用することができます。

Uberクレジットは、現金に換金することは出来ませんので、完全に現金で返してもらうことは不可能となっています。

お詫びにおまけがもらえる事もある!

お詫びとして、次回の注文で500円の値引きとして使える、Uberクレジットもおまけとしてもらう事ができる場合もあります。

つまり「返金金額+Uberクレジット500円」がもらえる可能性があります。

次回以降も、Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文をする可能性がある人にとってはお得感がありますよね。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の返金には、条件がありますが、商品自体に不備がある場合は返金してもらえる可能性があります。

ただ、配達パートナーとの間に起きたトラブルについては、返金の対象となりにくいようですので、返金対応ができるかどうかは、サポートセンター次第という形になります。

決済した方法によって、返金される方法が異なりますので、しっかりメールや電話のオペレーターの案内にしたがって、確認を行いましょう。

もし、トラブルが起きた場合には、一度サポートセンターに連絡してみることを、覚えておきましょう!!