1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber Eats
  4. 1つ頼んだらもう1つ無料キャンペーンで、1つしか来ないトラブル回避法【Uber Eats(ウーバーイーツ)】
Uber Eats

1つ頼んだらもう1つ無料キャンペーンで、1つしか来ないトラブル回避法【Uber Eats(ウーバーイーツ)】

 
 
 

こんにちは!グルメライター@コヅルです!
Uber Eatsを使っていると、たまに開催される【1つと頼むともう1つ無料!】キャンペーン。対象店舗の対象商品に限られるのですが、本当に1つ頼むともう1つ付いてくるので、気になるお店、気になる商品があったら、ぜひ、使ってみてください。

しかし、このキャンペーン、利用する際にワナがあるので注意です!

1つ頼んだら1つしか来ないトラブル

キャンペーンの対象店舗で対象商品を選んで注文したのに、商品が届いてみたら「1つしか入っていなかった…!」ということが起きています。

「同じ商品が2つ来る」と思っていたのに、「1つしか来ない」んですよ。この絶望感といったら。せっかくの楽しい食事の時間が台無しになってしまいますので、以下の点を注意して注文してください。

発注数が「2」になるか、注意!

【1つと頼むともう1つ無料!】 キャンペーンの対象商品を注文すると、「発注数…1」が自動的に「発注数…2」になるようになっています。

しかし、アプリ版でも、PC版でも、障害が出ている場合、この自動的に 「発注数…2」になる仕様が反映されないことがあります。その場合、「発注数…1」のまま発注されてしまうため、結果、「1つしか来ない」 という事態に陥ってしまうのです。

Uber Eatsに文句を言ってみた!

「発注数…1」のまま発注されてしまうというのは、Uber Eats側のシステムの問題ともいえるので、補償されるのかどうか、メールを送ってみました。

1日後、

届いたメールはコチラ(↓)です。


つまり、

・1つ頼んだら1つしか来なかったトラブルはUber Eatsの補償外

・依頼数が「1」の場合は「2」に変更してね

…ということですね。
自分で「依頼数…2」にすれば、2つ注文したものの1つ分は無料になるのでご安心ください。

トラブル対応まとめ

・ 【1つと頼むともう1つ無料!】 キャンペーンの対象商品は、基本的に1つ依頼すると自動的に「依頼数…2」になる仕様になっている

・しかし、システム障害などで自動的に数字が変更されない場合がある。

・そのままだと、1つしか届かない。

・自動的に「依頼数…2」にならない場合は、手動で「依頼数…2」にしなければならない。

・1つしか届かなかった場合、Uber Eatsから補償はされない。


以上です!

それでは、みなさん!今回記事にした内容に気をつけて、良いUber Eatsライフをお過ごしください!