1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber eats
  4. Uber Eats(ウーバーイーツ)は割高?店舗との料金の違いを検証!
Uber eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)は割高?店舗との料金の違いを検証!

便利なフードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)。
しかしながら、「実際に店舗で注文するよりも割高…」という声もありますよね。

こんにちは。節約大好きこたつです。

いくら便利なUber Eats(ウーバーイーツ)でも、あまりに注文金額が高いと頻繁には利用できなくなってしまうもの。
今回は、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)で注文すると割高なのか?を調べてみます!

Uber Eats(ウーバーイーツ)を注文するときにかかる金額

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)を注文すると、商品代金以外にどのようなお金がどのくらいかかるのかを見てみましょう。

①配達手数料

フードデリバリーサービスであるUber Eats(ウーバーイーツ)には配達手数料が変わります。
この配達手数料、お店距離配達パートナーの数など様々な要因によって決まります。
安いものだと50円から、たかい高いものだと1000円越えのものもありました。

②サービス料

2019年10月より、商品を注文すると必ず請求されるようになったのがサービス料です。
5%または10%請求されるようです。詳しくは以下の記事で説明しています。
【【注文手数料】UberEatsのサービス料10%上乗せに】

③少額注文の際にかかる手数料

1回の注文の金額が700円以下の場合に一律150円追加される手数料です。
700円以上の場合は免除されるので、一人分の注文の際は注意してください。

実際にどのくらい割高?

実際にはどのくらい割高になっているのか検証してみました!
金額は商品のみのもので、配達料などの手数料は含まれていません。

店舗と商品店舗Uber Eats
(ウーバーイーツ)
某たこ焼き店 
たこ焼き8個
538円(税抜き)850円
某ハンバーガー店
ハンバーガー
110円130円
某牛丼屋
牛丼並盛
352円(税抜き)570円
某ドーナツ店
ドーナツ12個セット
1600円(税抜き)1800円
某餃子店
焼き餃子6個
241円(税抜き)280円
某カレー店
カツカレー
840円930円
某ファストフード店
チキンフィレサンド
390円420円

上記の例はすべて大手チェーン店ですが、基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)で注文するほうが割高になるといえるでしょう。
メニューそのものの金額設定は、加盟店側がどのくらい利益を得るかというのも考えて設定されているためですね。
中にはもちろんほとんど店舗で販売している価格と変わらない店舗もあります!

なぜUber Eats(ウーバーイーツ)で注文すると高いのか?

このように、Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文すると、平均して大体30%程度料金が高くなっています
店舗で注文するよりも割高になってしまう理由には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みに関係しています。

加盟店、配達パートナー、注文者から成り立っているUber Eats(ウーバーイーツ)は、以下のように三社からそれぞれ手数料を取ることで儲けを得ています。

・加盟店…料理の代金の35%の手数料
・配達パートナー…配達料の基本料金の35%分の手数料
・注文者…送料として260~570円

そのため、加盟店も利益を得るために、店舗で提供しているメニューよりもUber Eats(ウーバーイーツ)では値段を高く設定しているところがほとんどです。
加えて送料やサービス料もかかるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文すると割高だ!と感じる人が多いのかもしれませんね。

安く注文するためにプロモーションコードを上手く活用しよう!

店舗で注文するよりも、Uber Eats(ウーバーイーツ)で頼んだほうが割高になることが多いということがわかりました。

「割高ならいいや…」と思ってしまうかもしれませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)にはプロモーションコードで割引を適用することができます!

特に、初めて注文するときは「初回限定クーポン」1000円offになるので、普通に店舗で買うよりもお得になることがあります。

使ってみたいけれど料金がネック…という場合は、ぜひプロモーションコードによる割引を試してみてください。