1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber eats
  4. 【オーダーストップ】Uber Eats(ウーバーイーツ)は雨の日に注文できない?
Uber eats

【オーダーストップ】Uber Eats(ウーバーイーツ)は雨の日に注文できない?

こんにちは、こたつです。

雨の日は外出するのも億劫になりますよね。
そういう時こそUber Eats(ウーバーイーツ)を使おう!と思ってアプリを開いてみたら、「ただいまご利用いただけません」の表示が…。

ネットでも、雨の日はUber Eats(ウーバーイーツ)で注文できない、という声がちらほら聞こえます。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)が雨の日に注文できない理由と原因について説明します。

雨の日は配達パートナー不足になりやすい

雨の日など、天気の悪い日は配達パートナーが不足しやすく、注文を一時停止することがあります。
雨の中配達をして事故やけがをしたくない、濡れてまで配達をしたくないと考える人が増えると、そのエリアでは距離制限がかかったり、配達手数料が高くなったりします。

そんな状況を改善するために、雨の日には配達パートナーに特別インセンティブが発生します。
しかしこのインセンティブ、なんと抽選全員がもらえるわけではないとのこと…。

また、人数が少なくなったことにより配達手数料が値上げされますが、こちらも配達パートナーには還元されないようです。

雨の日などの転機が悪い日は、まだまだ配達パートナー不足が続くかもしれませんね…。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が注文できない原因

Uber Eats(ウーバーイーツ)が注文できない原因は、他にもありますのでみていきましょう。

①お店が営業時間外or休業日

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、様々なお店が出店しているため各店舗の営業時間や休業日がバラバラです。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間内であっても、すべての店舗が営業中であるとは限りません。

お店のTOP画面にUber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間が記載されているため、注文したいお店がある場合チェックしておきましょう!

②お店がUber eats(ウーバーイーツ)をオフラインにしている

営業時間内なのに、なぜか「ただいまご利用いただけません」と表示される…。

その場合、お店に設置してあるUber Eats端末の加盟店アプリをオフラインにしている可能性が高いです。

お店は、店舗の状況に合わせて注文を受け付けたい時はオンライン受け付けない時はオフラインにして切り替えることができます。

例えば、材料が切れてしまう、ピークの時間帯でデリバリーの分の余裕がない、トラブルが起きたなどといった場合にオフラインにするようですね。

③配達パートナー不足

先ほども説明しましたが、配達パートナーの数が少ない時も注文ができなくなることがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは副業として行っている人も多いので、怪我をする危険性が高い悪天候の日は配達をオフラインにする人が増えます。

また、悪天候の日以外にも、お正月やゴールデンウィークといったイベントや長期休み、猛暑など気温が極端に高い・低い場合も配達パートナーの数が減り、注文ができなくなります。

配達パートナー不足で注文ができない場合、そのお店だけでなくほかの多くのお店で注文ができなくなることが特徴です。

利用できるようになるまで待つべき?

①と②の理由だった場合、注文できない理由がお店側にあるため、ピークの時間帯をずらす、営業時間になるまで待つといった対策をとれば、注文できるようになる可能性が高いでしょう。
もしすぐに注文したいという場合は、他の注文を受け付けているお店にするか、他の出前アプリを使うことをおすすめします。

しかし、③のようなUber Eats(ウーバーイーツ)側に注文できない理由がある場合、待っていても注文可能になる可能性は低いです。
その他の出前アプリで注文したほうが賢明でしょう。