1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber eats
  4. UberEatsはデビットカード決済できる?
Uber eats

UberEatsはデビットカード決済できる?

Uber Eats デビットカード決済

こんにちは、ランボルギーニ貰いたいみりんです。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)をクレジットカードではなく、【デビットカード】で決済ができるのかを、ご紹介します。

便利にお家まで、美味しい食事を運んでくれるUber Eats(ウーバーイーツ)!

キャッシュレス時代に突入して、様々な決済方法の対応が進んできています。もともと、Uber Eats(ウーバーイーツ)は、クレジットカード決済が主流でしたが、現在は他の決済方法での決済も可能になっています。

口座から即時引き落としがされる「デビットカード」は家計の管理が楽なため、利用する方も増えてきているようです。そんな、クレカよりデビットカード派の方に向けて、ご案内いたします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でデビットカード決済はできる!

基本的に、Uber Eats(ウーバーイーツ)で決済を行う際に、デビットカード(一部)を利用することができます

登録自体は、クレジットカードを登録する場合と同じ手順で行う事ができるため、デビットカード独自の手続き等はありません。

デビットカードをUber Eats(ウーバーイーツ)の決済に利用する際の、メリットとデメリットを以下にまとめましたので、参考にしてください!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でデビットカードを利用するメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)でデビットカードを利用するメリットはたくさんあります!

お釣りの受渡し等がないためトラブルが起きにくい

現金で決済をするとなると、ドライバー(配達員)に直接、現金を渡し、お釣りをもらって、その後に商品を受取るという流れになります。

コンビニのレジ等と同様に、「もらったお釣りの金額が間違えていた!」「現金が足りない!」などのトラブルが起きにくいため、非常に便利です。

システムが自動で、指定の口座から引き落としをしてくれるため、金銭面でのトラブル防止になるのは最大のメリットです!

対面で受け取らずに済む

現金の授受がないため、ドライバー(配達員)と最小限の接触で対応することができます。

「持ってきた品物を、エントランスに置いておいてほしい」「玄関前に置いてほしい」など、顔を合わせずに済むということができるのもメリットですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でデビットカードを利用するデメリット

一方、デビットカードを利用する、デメリットもあります。どちらも確認をしてみてから、決済の方法を選択することをおすすめします。

デビットカードの種類によって、利用できない場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では「使えるデビットカード」「使えないデビットカード」があります。そのため、実際にウーバーイーツの登録画面で、登録できるカードかどうか、試して確認する必要があります。

大手銀行系のデビットカードは利用できますが、ネット銀行のものは利用できない事があるようです。

利用できるデビットカード

  • 三菱UFJ銀行VISAデビット
  • みずほ銀行JCBデビット

利用できないデビットカード(一部)

  • ジャパンネット銀行VISAデビット
  • GMOあおぞらネット銀行のVISAデビット

残高不足により、決済がされない事がある

デビットカードは、口座から引き落としが即時されるため、引き落とし元の口座に残高が不足している場合には、デビットカードでの決済がされず、商品が手元に届かない事もあります。

利用する前に、しっかり残高があるか、確認を行ってから注文を行いましょう。

まとめ

手軽にUber Eats(ウーバーイーツ)するなら、デビットカードを決済の方法に使う事もできますね!

ただ、しっかり利用できるデビットカードなのか、確認をしたり、口座残高のチェックを行って、トラブルなく利用できるように準備をしましょう。