1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber eats
  4. 一人暮らしでも安心!Uber Eats(ウーバーイーツ)を外で受け取る方法
Uber eats

一人暮らしでも安心!Uber Eats(ウーバーイーツ)を外で受け取る方法

あー料理するのめんどくさい。
Uber Eatsでさくっと頼んじゃおうかな…。

疲れてるときに料理するのって、なかなか気力がいりますよね。
でもごはんは厳選したい。おいしいものがいい。
だって生きている間に食べられるごはんの回数って、そんなに多くないのだから!!

そんな時に役立つのがUber Eats
しかし!一つ問題が。
一人暮らし、特に女性だと、知らない人が来るのって結構不安ですよね。

そんな方に知っていてほしい、Uber Eatsの外での受け取り方法をご紹介します!

Uber Eatsって安心?

まず気になるのがUber Eatsの安全性。

個人店で、Uber eatsへ出店するための審査が二カ月以上かかったという話も聞きますし、厳しい審査をしているのでしょう。

また、マクドナルドやケンタッキー、スシロー、スターバックスコーヒーなども参入しているので、大手飲食チェーンもこれからさらにぞくぞくと増えるのではないでしょうか。

個人店から大手飲食チェーンまで幅広く登録しているという点で、信頼性を証明する根拠になりそうです。

配達パートナーは安心?

お店からユーザーの元まで料理を届けてくれる配達パートナー。
では、彼らは安全なのでしょうか?

配達パートナーは、お店の従業員というわけではなく、一般の方です。
どこの誰だかわからない人が食べ物を配達してくる、という点では不安を持つ人もいるかもしれませんね。

Uber Eatsでは、信頼性を高めるために、配達パートナー登録をする時に「顔つきの身分証明書」の提出が必須です。
運転免許証とか、パスポートとかですね。
そのため、身元が全く不明という人は配達パートナーになれませんのでご安心ください。

また、Uber Eatsには、配達パートナーの評価制度があります。

お店のオーナーとユーザーがそれぞれ配達パートナーに対して「良い」か「悪い」かの評価をすることができます。

担当になった配達パートナーの評価が悪いからほかの人に頼みたい、というのは現状実装されていないみたいですが、そのうちシステムに反映されるといいですね…!

やはり悪い評価がつけられると気にしてしまうもの。
この評価システムが、配達のクオリティに対して一種の牽制になっているのではないでしょうか。

家を特定されるのが怖い!

いくら信頼性があったとしても、それでも家を特定されるのは怖い!
そう感じる人もいると思います。

そんな時に試してもらいたいのが「配達先を自宅以外に設定する」という方法です!

以下の手順で設定できますので、試してみてくださいね!

  1. アプリを開き、上部の「すみやかにお届け」を選択
  2. 「配達先の住所を選択する」の下の「新しい受け渡し場所を入力」に受け取りたい場所を入力する
  3. 「車両に取りに行く」(外で受け取り)を選択
  4. 「配達メモを追加する」を選択し、詳細を入力
  5. 完了!

これで、注文すれば外での受け取りが可能です!
配達メモには、場所がわかりやすいように「○○の入り口で受け取ります」など記入するといいですね!

他にも、手間でなければテイクアウトを利用し自分でお店まで取りに行くという方法もあります。
こちらの記事も参考にしてみてください!
【Uber Eatsでテイクアウト!予約して簡単受け取りが可能に!】