1. HOME
  2. フードデリバリー知識
  3. Uber eats
  4. Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金ってどうなってるの?配送手数料は?
Uber eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金ってどうなってるの?配送手数料は?

こんにちは!こたつです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はフードデリバリーサービス。
なので、料理を注文すると配達手数料がかかります。

ユーザーとしてはちょっとでもお得に注文したいですよね。
今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文時にかかる配達手数料について説明します!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でかかる料金は主に3つ

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、以下の3つの手数料が存在します。

①配達手数料
②サービス料(10%または5%)
③少額料金の配達手数料(注文合計が700円以下の時のみ)

今回は、この中の①の配達手数料について詳しく説明していきます。

サービス料・少額料金の配達手数料に関してはこちら!
【【注文手数料】UberEatsのサービス料10%上乗せに】

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料

それでは、気になる配達手数料についてみていきましょう!

配達手数料はお店によって異なる

前までは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料は一律380円だったようですが、現在は距離別・ダイナミックプライシングを採用しています。

ダイナミックプライシングとは、需要供給に伴ういわゆるリアルタイムの変動制のこと。

例えば、オーダーがたくさん入る時間帯や、配達員が少ない時、天候の悪い時は割増料金がかかることがあります。
反対に、注文が少ない時は配達料手数料安くなることも。

つまり、その時の状況によって配達手数料が変わるということです。

また、距離の近いお店ほど安く、遠いお店ほど高くなる傾向はあります。
しかしこれに当てはまらない場合もあるので、気になるお店があれば自分で確認してみてくださいね。

配達手数料は注文の数が多くても少なくても一緒!

配達手数料は、注文の数によって変わることはありません
ドリンク一つでも、5人分の定食でも、かかる配達手数料は同じです。

一つからでも気軽に頼めますし、もし頼みたい人が複数いる場合まとめて注文すればお得ですね!

配達手数料を安くするために知っておきたいこと

このように、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料は変動制です。
もし少しでも安く注文したい!という場合、以下のことに注意して注文してみてください。

・台風や雨の日など、配達パートナーの数が少ない時は避ける
・できるだけ距離の近い料理店を探す
・お昼時、夕食時などピークの時間帯からずらす
・配達手数料が無料になるプロモーションコードがないかチェックする

配達手数料の範囲を、フィルターをかけて検索することができるのでぜひ試してみてくださいね。
詳しいやり方はこちらの記事をどうぞ!
【Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料を安くする仕方を紹介!】

少量注文の配送手数料に注意

2019年10月より、700円未満の注文の場合、一律150円の「少量注文の配送手数料」がかかるようになりました。
たくさん注文をしていたり、700円を超える注文であれば免除されますが、少額の注文を考えている場合は注意が必要です。

注文を一時停止することもある

その時の状況によって、お店が注文受付を一時停止することがあります。
注文の数が増えたり、配達パートナーの数が少なくなった場合などに起こるので、更新して確認してみてください。

配達手数料無料のキャンペーン情報も

デリバリーサービスなので配達料手数料はつきもの。
でも安く済ませたい、そんなときはキャンペーン情報をこまめにチェックしておきましょう。
アプリを開くと、一番上の部分にバナーが表示されることがあるので、時々気にしておくことをおすすめします。