1. HOME
  2. フードデリバリー配達員イロハ
  3. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに求められるマナー
フードデリバリー配達員イロハ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに求められるマナー

こんにちは、ランボルギーニ貰いたいみりんです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のロゴの入った配達パートナーについて、ニュースやブログでも取り上げられる機会が増えてきました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、レストランのビジネスの成長を助けるとても重要な役割も担っています。Uber Eats(ウーバーイーツ)は個人事業主の集まりですが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とロゴが入った人はみな同じひとくくりに見られる事も多いかと思います。

レストランパートナーや注文社からの高評価をもらうため、プロフェッショナルとして仕事をするための、 配達パートナーに求められるマナーについて、このページではご紹介いたします。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

配達パートナーに求められるマナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに求められるマナーは、難しい事は何もありません。初対面の人とやり取りをする上での、最低限のマナーになります。

最低限守る必要がある、3つの要素についてご紹介します。

マナー1)清潔感

人との印象を決める、清潔感を保つ事は、食品をデリバリーする人にとって最低限求められる事になります。

キレイで清潔な服装を心がける

配達パートナーが配達を行うエリアは、レストラン店舗(レストランの店舗のお客様がいらっしゃるエリア)や、オフィスエリア(注文社が仕事を行うエリア)などに当たることが多いかと思います。

また、厨房等の食品を扱っているエリアに直接入って、お料理のピックアップを行う可能性もありますので、レストランや注文者が不快感を感じないような服装や髪型を心がける必要があります。汚れが付着していないか、不快に感じる部分はないかなど、チェックしてから配達を行いましょう。

配達用バックや車両を清掃しましょう

配達パートナーが運ぶものは、人間が口にする「食品」や「飲料」です。注文者が懸念なく受け取った商品を食べることができるように、配達用のバックや車両をこまめに清掃し、注文者やレストランパートナーの支店で見ても清潔で安心感を与えられる状態になっているように、心がけましょう。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

マナー2)コミュニケーション

人と人との付き合いですから、もちろんコミュニケーションは重要です。約束を守らない、感じが悪い等はもってのほか!自分がされて嫌な事はしない、これは日常の生活でも言える事ですよね。

「配達に関する注意事項」をよく読む

配達の依頼を受けた後、Uber Driver(ウーバードライバー)アプリの「レストランからの注意事項」に、配達パートナーがレストランに入店する際の指示が記載されていることがあります。レストランに入る前にしっかり読み、指示に従いましょう。

同じく注文者への配達を行う際には、注文者が記載した「配達に関する注意事項」がアプリに表示されますので、注文者に配達をする際にしっかりと読み、指示に従うようにしましょう。

レストランパートナーや注文者は、配達パートナーのみなさんが配達パートナーであるとすぐに分からないかもしれません。しっかり、挨拶をしたあとに、自分が配達パートナーであるという事を名乗ると、スムーズに受け取りを行う事ができます。

トラブルが起きたらすぐに報告を

また、商品の受け取りや配達についてなにかトラブルがあった場合には、サポートセンターや、顧客に早い段階で連絡をするようにしましょう。トラブルはもちろん起きない事がベストですが、トラブルが起きた場合に連絡を怠ったり、強い語調で話をすることはタブーです。

笑顔で感じのよい対応を

笑顔で商品の受け渡しをしたり、スムーズなコミュニケーションを行うと、レストランパートナーや注文者から高評価を受け取る事ができます。

マナー3)お料理の扱い方

配達パートナーが運ぶお料理は、レストランパートナーと注文者にとって、大切なものです。レストランパートナーが一生懸命つくったお料理を、注文者は楽しみに待っています!

お料理を丁寧に扱い、こぼれないように安定した配達を行う必要があります。レストランパートナーや注文者から、お料理を配達中に床に置かないで欲しいという要望が増えているため、床に置く事は避けましょう。

<お料理の扱い・配達の3つのポイント>

  • お料理を床に置く事は辞めましょう
  • お料理を丁寧に扱い、こぼれないように工夫して配達しましょう
  • レストランでピックアップしたお料理は袋を開けずに配達用バッグに入れましょう

まとめ

配達パートナーとしての最低限のマナーは、「清潔感を保った身なりで配達する」「配達に関する注意事項などをよく読み、守る」「お料理を床に置かないなど、丁寧な扱いをする」など簡単なことばかりです。

レストランパートナーや注文社からの高評価をもらいやすくなるため、可能な限り対応することをオススメします。また、配達パートナー全体のモラル向上のため、周りの配達パートナーに自分ひとりの対応で品位が下がらないようにするためにもぜひ、実践して欲しいと思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集