1. HOME
  2. フードデリバリー配達員イロハ
  3. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの業務形態は?
フードデリバリー配達員イロハ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの業務形態は?

こんにちは、ランボルギーニ貰いたいみりんです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働きたいと考えている人は、これはどういう勤務形態?業務形態なの?と気になる所も多いのではないでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ) の「配達パートナーとして仕事をすること」について、詳しくご紹介いたします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの業務形態は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのお仕事は、個人事業主の方々に、レストランパートナーから委託される配達業務を受ける形となります。

そのため、Uber(ウーバー)との直接的な雇用関係はありません。

つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の社員や派遣などではないという事になります。配達する配達パートナー一人ひとりが、個人事業主という形で仕事を受託するような形になります。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働いたときの税金の支払いは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働いた賃金に対してかかる、税金の支払いは各個人で行う形になります。

そのため、確定申告も自分で行う必要があります。確定申告はUber(ウーバー)の配達パートナーとしてレストランに対して提供したサービスに関する前課税年度のしょとくを、国税庁に申告する手続きの事を言います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)契約解消されることはある?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、配達業務を正しく遂行してもらう事が困難と判断された、個人事業主との契約を解消される事もあります。

そのシチュエーションについてUber Eats(ウーバーイーツ)で明確に記載はありませんが、過去にアカウント停止措置が取られたケースを紹介します。

  • 登録した車両とは違う車両で配達した
  • Uberアカウントを複数持っていた
  • 他人のアカウントを使って配達を行った
  • 自分が注文した商品を自分で自分に配達した
  • 配達の際に遠回りをしたりして、不正に配達距離を稼いだ
  • 過度な配達のキャンセルをした
  • 注文者のプライバシー侵害に抵触する行為をした
  • 信号無視、逆走などの交通違反をした
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやめる事はできる?

もちろん、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの契約を解除することもできます。

配達パートナーを辞めたい場合は、配達用バッグを持って、近くのパートナーセンターに行く必要があります。配達用バッグを返却すると、アカウント削除の手続きを行ってもらえます。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーをする際には、Uber Eats(ウーバーイーツ)との雇用関係は発生しません。

配達する配達パートナー一人ひとりが、個人事業主という形で仕事を受託するような形になります。働いた賃金に対してかかる、税金の支払いは各個人で行う必要があります。

もちろん、配達パートナーとの間には登録する必要があるのですが、雇用契約では無いことを覚えておきましょう。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集