1. HOME
  2. フードデリバリー配達員イロハ
  3. 知らないと罰金も!? Uber Eats配達パートナーが知っておくべき交通ルール
フードデリバリー配達員イロハ

知らないと罰金も!? Uber Eats配達パートナーが知っておくべき交通ルール

 
 
 

こんにちは、グルメライターのコヅルです!
みなさん、ウバ活(Uber Eats配達パートナーでの活動)やっていますか? ほとんどのUber Eats配達パートナーの方々は自転車か電動自転車を使っていると思うのですが、自転車にも交通ルールがあり、守っていないと罰金を取られてしまうことも。怖いですね。

今回は、Uber Eats配達パートナーが知っておくべき交通ルールについて、いろいろとまとめてみました!

原則、「車道」を走る

自転車が車道を走らなければならない理由

自転車は、道路交通法において「軽車両」と位置付けられているため、車道と歩道の区分が分かれている道路においては、車道通行が原則となります。

違反した時の罰則

【3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金】となることがあります。

原則ってことは例外もあるの?

次の場合は、歩道を走ることができるようです。

(1)道路標識や道路標示によって歩道を通行することができることと明示されているとき
(2)自転車運転手が13歳未満の子どものとき
(3)自転車運転手が70歳以上の高齢者のとき
(4)自転車運転手が車道通行に支障がある身体障害者のとき
(5)車道や交通の状況に照らして、自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき

 他の自転車運転手が歩道を走っている姿を見たとしても、その人たちは上記の(2)~(4)の場合がありますので、安易にマネして歩道を走らないようにしましょう。

車道では必ず左側を走ること

車道では左側を走らなければならない理由

車道では、自動車も通ります。円滑な交通を実現するために、自転車は車道において左側に寄せて走ることが決められています。

車道の右側を走ってしまった時の罰則

【3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金】になることがあります。

歩道では車道側を徐行しかできない

車道側を徐行しかできない理由

歩道では、歩行者を優先しなければならないからです。そのため、歩行者が危なくないように、自転車は歩道の中心から車道側を徐行するように決められています。 また、歩行者の通行を妨げることになるときは、必ず一時停止をしなければなりません。

違反した時の罰則

【2万円以下の罰金または科料】となることがあります。

夜間は必ずライトを点灯

ライトを点灯しなければならない理由

車道を走っている車から自転車の姿が見えにくく、自転車とぶつかってしまう危険性があるです。また、自転車運転手にとっても、前方の道が見えにくい状態は、何かしらの事故に遭いかねません。ご注意ください。

違反した時の罰則

【5万円以下の罰金】 となることがあります。

信号を必ず守ること

信号を守らなければならない理由

信号を守らないと、交通事故に遭う確率は飛躍的に上がります。また、これまでは意識してこなかったかもしれませんが、【歩行者・自転車専用信号機】というものがあります。こちらも守りましょう。

違反した時の罰則

【3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金】となることがあります。

交差点では必ず一時停止&安全確認

必ず一時停止しなければならない理由

安全を確認できないからです。例え信号が「青」でも、向こうが「赤」をきちんと守るとは限りません。きちんと安全確認をするためにも、交差点での一時停止&安全確認は必ず守ってください。

違反した時の罰則

【3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金】となることがあります。

その他、やってはいけないこと

×…飲酒運転

酒酔い運転の場合、【5年以下の懲役または100万円以下の罰金】となることがあります。

×…二人乗り運転

【5万円以下の罰金】となることがあります。
※一部例外が認められていますが、基本的にダメと考えてください。

×…2台以上の並走

【2万円以下の罰金または科料】 となることがあります。
※ただし、並進可の道路では2台までなら並進可です。

×…傘さし運転

【5万円以下の罰金】 となることがあります。

×…運転中の携帯電話の操作

【5万円以下の罰金】 となることがあります。

×…イヤホンをつけた運転

【5万円以下の罰金】 となることがあります。

×…車と同じ右折

右折時は、歩行者と同じで、一旦、前方の横断歩道を渡り、その後、右に行く横断歩道を渡らなければなりません。

最後に

普段ついついやってしまっている交通ルール違反が、いくつかあったりしませんか?

Uber Eatsの配達パートナーとして「稼ごう!」と思うと、やはりスピードが求められるため、ついつい交通ルール違反をやってしまいがち。罰金になるのは痛いですが、それより事故に遭う可能性もあります。

きちんと交通ルールを守って、安全に気をつけて、ウバ活に励んでいただければと思います!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集